志賀高原の四季

春(4,5,6月)

志賀高原の春は、春スキーから始まります。4月中旬過ぎに開通する志賀草津高原ルートの雪の回廊もお馴染みのドライブコース。木々の芽吹きが頂まで上り詰めるのは6月の下旬。美しく躍動的な志賀高原の春です。

夏(7,8月)

原生林の中に張り巡らされた遊歩道と点在する湖沼。箱庭のように美しい志賀高原の森はフトンチットとマイナスイオンがあふれる現代のオアシスです。

秋(9,10,11月)

標高2,000mから1,000mの間に広がる志賀高原の紅葉は、色づき始めてから終わりまで長く楽しめるのも特長のひとつ。厳しい冬に備える山の生物たちの覚悟に、見る人の心も洗われるおもいです。

冬(12,1,2,3月)

志賀高原のスキーシーズンは半年にも及びます。標高1,500m以上に広がる国内屈指の高地のスキー場の志賀高原は、パウダースノーが大きな特長。変化に富むスキー場構成と共に存分にお楽しみ下さい。