ホタル情報

国の特別天然記念物 石の湯ゲンジボタル

石の湯は標高約1600mの高地にあり、自然のまま残されたゲンジボタル生息地です。成虫の発生が5月中旬から9月初旬までときわめて長く、成虫の寿命も10日から20日間という極めて貴重なところです。
石の湯ゲンジホタルの見頃は、日本一成虫の発生期間が長いため6月中旬から9月上旬まで観測できますが、見頃は7月〜8月上旬です。
 
石の湯ゲンジボタルは、平成2年2月には長野県の天然記念物に指定され、平成20年3月に「志賀高原石の湯のゲンジボタル」は、国の特別天然記念物に指定されました。
水と緑ときれいな空気、志賀高原の大自然の中、満点の星空の下、幻想的なホタルの光が観察できます。

石の湯のゲンジボタルの特徴

・発生地の標高が日本一高い
・成虫の発生期間が日本一長い
・成虫の上陸期間が日本一長い
・成虫の寿命が長い
・明滅周期が長い